お金をかけずに英語の基礎力を身に付けたい人に向けたサイトです。「英語初心者の方にもわかりやすく!」を心がけて日々奮闘してます!

親子で学習

無料で英語を学習するのは子供だけじゃない、親も勉強するべき3つの理由

更新日:

ikon / Pixabay

子供に「勉強しなさい!」と言っても、全くやらない。何度も注意してやっと机に向かったが、本当にちゃんと勉強してるのか怪しい。これも子供のためと思って、毎日毎日、口を酸っぱくして注意している。

そんな親御さんにあなたはなっていませんか?もし、心当たりがあるようでしたら、今日からそれを少しずつでいいので変えていってください。子供は親の行動をよく見ています。

「勉強しなさい!」と親から言われて思うのは、「自分は言うだけで何もしてないじゃん!」とか「何で僕だけが勉強なんかしなくちゃいけないんだ!?」というのが大半です。

勉強について監視されているような事を言われると途端にやる気をなくしてしまうのです。これでは言う方も、言われる方もマイナスしか残りません。

そんな不毛な戦いはやめて、実りある行動をしていきましょう。まずは、親である、あなたが子供に勉強がしたくなるような行動をしていく必要があります。その具体的な行動について、見ていきましょう!

 

親が勉強すると、子供は自ずと勉強がしたくなる!?

子供が勉強したくなるようにするには、親が勉強することが、最も効果的です。何よりお金もかからないし、手っ取り早く行動できます。親御さん自身が勉強が苦手でも問題ありません。

肝心なのは、勉強している姿を見せることです。子供にとっては、今まで「勉強しなさい!」としか、言わなかった親の変貌ぶりを見て、驚いているはずです。この驚きが子供の心理を変えてくれるのです。

これまで、やる気をなくす存在であった親が、まさかの勉強をしているわけです。否が応でも勉強することに対して自分で考え始めます。

これをきっかけにして勉強に対して主体性を持った姿勢が生まれてきます。そうなれば、こちらの戦略勝ちです。主体性を持った子は必ず、勉強するようになります。あとは、子供を信じることに徹して一歩引いて暖かく見守りましょう。

 

親子関係を超えた同志の絆が生まれる

johnhain / Pixabay

子供が勉強を主体的にするようになったとします。ここでさらに、子供のやる気を強固なものにする方法は、目標を共有してリードしていくということです。

ここで注意したいのは、リードしすぎない!という事です。あまり先を行き過ぎてしまうと、子供は自信をなくしてやる気を無くしてしまう可能性があります。

少しリードしたら、適度に追いつかれる事も大切です。たまには追い越されて、わからない事などを質問して、教えてもらう事があると理解力が深まります。相手に教える行為は、最も身につく勉強方法として1位、2位を争うほどの、強力なメソッドなので覚えておいて損はありません。

また、このような関係は親子の枠を超え、同じ目標を持つ同志としての絆が生まれます。ここまでくればもう、勉強するのが楽しくて仕方なくなります。

 

親の尊厳を取り戻す

johnhain / Pixabay

順調に勉強も進んで、目標達成も見えてきた頃に落とし穴が潜んでいるかもしれません。これまで、考えもつかなかった理由で、子供が一方的に勉強をやめてしまうとか、諦めてしまうといったことが、結構な確率で起こります。

これは、とても不思議なことなんですが、避けて通れない道と言ってもいいかもしれません。ですが、そういう時は親の威厳を見せつけるチャンスと捉えましょう。子供が一方的に勉強をやめてしまっても、何も言わず目標達成するまでひたすら勉強するのです。

そして、目標を達成した暁には何もしなくていいです。余計なことは言わずにただ、報告するだけに止めておきましょう。それだけで子供には十分に伝わります。自慢したりすると、せっかくの威厳も消えてなくなります。ここは、とても重要なのでしっかり心に留めておいてください。

 

まとめ

FlashBuddy / Pixabay

 

まず親が行動することで、子供に心理的変化を促します。そうすると、今まで勉強に対して反発するだけだった子供の心理に変化が生まれます。そこまでいけばもうこちらのものです。あとはお互いに教えあったりしながら楽しく学習していきましょう。

-親子で学習

Copyright© , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.