お金をかけずに英語の基礎力を身に付けたい人に向けたサイトです。「英語初心者の方にもわかりやすく!」を心がけて日々奮闘してます!

無料トレーニング

3ヶ月で英語がしゃべれるようになる為の3つのポイント

更新日:

中学レベルの英語はきちんと抑えておくこと

lorenzocafaro / Pixabay

lorenzocafaro / Pixabay

これからアルファベットから勉強しますという方には、少し厳しいかもしれません。しかし、3ヶ月で英語をしゃべれるようになるためには遅くとも6週間以内で中学レベルの文法・単語は抑えておきたいところです。

中学レベルの単語数は2000〜2300になります。この数字を見てどう感じましたか?「思ったより多いな」「案外少ないな〜」と感じ方それぞれいらっしゃると思います。では、これをネイティブの人でいうと、何歳くらいの人になるか想像してみてください。答えは3歳程度なんです。

これについても「え!?幼すぎじゃない?」「もっと大きいでしょっ」と意見が分かれると思います。まあ、厳密ではないので参考程度に捉えてもらえるとありがたいです。

3歳の子ってどれくらい話すか知ってます?お子さんがいる方であれば、すぐわかると思いますが、いないとこれまた全く想像できないですよね。わかります、私も全然わからなかったですから。びっくりしますよ、3歳の子のコミュニケーション能力に!まぁ、よくしゃべりますよ。

一つ一つの文は短いですが、次から次へと出てくる出てくる。2歳でも1日中しゃべってるか歌ってるかって子供も数多くいます。ですから、中学レベルの英語で十分コミュニケーションが取れるということです。「短い文をパッと言える」ことがポイントになります。

 

英語を話すことを恥ずかしがらない!

Winsker / Pixabay

これは、恥ずかしがり屋さんに「恥ずかしがらないで!」と言っているわけではありません。恥ずかしがり屋さんにそんなことを言っても無意味であることは私も重々承知しています。

では、どういうことか?

それは「日本人であることを自覚する」ということです。正直、日本人にとって英語の発音は難しいです。そして、多くの方がこれが原因で、人前で英語を話すことができないでいます。

そうであれば、開き直って日本人だから日本人らしい英語の発音でいいと思います。綺麗な発音を意識せず、伝われば良いという感覚でいれば、英語を話すことへの抵抗も少しは減らすことができます。

また、発音も綺麗にできるようになりたいと思っている人も安心してください。トレーニングを積めば、いつから始めようが発音は上手くなります。発音のポイントはあいまい母音と呼ばれる[ə]の発音です。

これさえ、マスターすればいいと言っても良いくらい。なぜなら、英語の中で70%がこの音と言われています。だから、[ə]を流暢に言えれば自然な英語に聞こえます。

ちょっと、話が脱線してしまいましたwとにかく、3ヶ月で英語がしゃべれるようになる為には、恥ずかしがっていては話になりません。恥ずかしがるくらいでしたら、開き直ってください。朝起きたら、「Good morning!」お腹がすいたら「I'm hungry!」と自然に口から出てきたらOKです。

 

英語を音で覚える感覚を育てる

elijahssong / Pixabay

え!?どういうこと?って思うかもしれません。ですが、ここが最重要ポイントになります!例えば、新しい単語を覚えるとしましょう。単語は「Absolutely」。

これをどうやって自分の中にインストールするか?どうやって、「Absolutely」という単語を自分の言葉にするのか?それは、単純に意味を覚えるということではありません。

日本語の意味は知らないままでもいいです。まずは、正しい発音を聞く。何度も聞く。そして、聞いた発音をマネてみる。上手く発音しようと意識せずに、モノマネをするつもりで言ってみる。

これも、何度も言ってみる。だいたい、マネできるようになったら、ここで意味を調べる。「絶対に」という意味であることがわかります。そして自分が「絶対に」と言う時はどんな時か考えてみてください。

思い浮かぶ情景が出てきたらその時の感情がどんなものかについても感じてみてください。目を閉じてその時の感情をじっくり味わってください。その感情が「Absolutely」です。どうですか?うまく感情を「Absolutely」に繋げられましたか?もう少し、具体的に説明します。

例えば、兄弟に「私の大好物のプリンを冷蔵庫に入れてあるから、絶対に食べないでね!絶対に!」というシーンがあったとします。最後の「絶対に!」を言い切った時の感情が「Absolutely」です。

初めのうちは、うまくできないかもしれません。ですが、これも繰り返しやれば、自然と自分の中に取りいれられます。先ほど、例に挙げたプリンは私の体験ですので、あなたの体験に置き換えた方がより早く自分のものになります。

そして「Absolutely」を頭に思い浮かべた時に、日本語の意味でなく「感情」がスッと出てくれば、バッチリです。これができるようになれば、英語を習得する時間が圧倒的に短縮することができます。なぜなら、翻訳意訳する工程を省くことになるから。

これって、子供が言葉を覚える手順と一緒なんです。回り道せず近道で習得するということです。この感覚に慣れていくと、文法も感覚で身につけることができます。

教科書に書いてあることを、覚えるのではなく感覚として身につける。それには、何度も繰り返してアウトプットすることで体得できます。これが、できるようになると英語全体のレベルが一気に底上げされます。だから、3か月で英語を話す事も現実的になってくるのです。

-無料トレーニング

Copyright© , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.